今日は星友yさんは所用があって同行は無しです。
下の星雲(NGC4151)の外周部分は、1時間40分ほどの露出ではホントに薄っすらとしか出ません。
でも2時間8分あまりの露出から不良なコマを除くと、こんなものです。クッキリには後、数時間はかかりそうなんです。

それから ASIAir plus の方では完走が課題で未確認だった子午線反転撮影、メリディアンフリップの撮影・完走まで実施しました。
反転後の追尾までチャンと実施してくれたのには驚きました。
ノータッチでした。
何分かかったか?15分くらいではないでしょうか?
ホントに大丈夫だろうかと思うくらい、望遠鏡の前で待ちましたので、それくらいの時間がかかったと思います。

それともう一つ、露光時間は伸びません(笑)。

上から
NGC4145 銀河 光度 11.0等 視直径  5.8'
NGC4156 銀河           光度 13.0等 視直径  1.5'
NGC4151 銀河 光度 10.4等 視直径  5.9'

NGC4145 4151-000-1
[光学系]:Vixen R200ss PH 1120mm F5.6  [カメラ]:ZWO ASI 2600MC pro
[パラメータ]:RAW16:FITS Binning:1 Gain:100  Coolor:▲10℃ 
[撮影日]:2023.04.22 宇根山 [露出]:4分×25(1時間40分)
[フィルター]:IR/UVカットフィルター
[機材]:Vixen SXP赤道儀 +ZWO ASIAir plus + 30F4ミニスコープ+ZWOASI 120 MM mini
[処理]:Baias:30コマ   Stellaimage9

7割くらいにトリミング




.