どうも誤報のようです。というか誤報でした。去る12月3日の早朝でした。
1時50分に月も沈み、2時19分撮影開始したNGC2903(NGC2905)は無事4時27分に撮影を終了しました。
当夜はほんとに久し振りの快晴だということもあり、こんなに遅くまで起きていました。

NGC2903(NGC2905)
NGC2905 000-0-0
[光学系]:Vixen R200ss PH 1120mm F5.6  [カメラ]:ZWO ASI 2600MC pro
[パラメータ]:RAW16:FITS Binning:1 Gain:100  Coolor:▲10℃ 外気温+10℃くらい
[撮影日]:2022.12.03 自宅 [露出]:6分×20(120分)
[フィルター]:IR/UVカットフィルター
[機材]:Vixen SXP赤道儀 +ZWO ASIAir plus + 30F4ミニスコープ+ZWOASI 120 MM mini
[処理]:Baias:25コマ   Stellaimage9

トリミング


翌朝は何もせずに、午後2時頃から画像処理を行っていました、画像に変なものが写っているので別の写真を確認しましたがありません。
画像の最初と最後を見てもある、”なんじゃこりゃ”って訳で、結局のところ誤報をやらかした訳です。このままでは気持ちが悪いし何かわかる資料も持ち合わせていないし、この時点で画像の合成は出来ていませんでした。

国立天文台天文情報センターの I ・E さんにはご丁寧に対応をいただきありがとうございました。

”画像を送り検証の結果”
観測された日時、NGC 2905付近に小惑星 (110) Lydia がいます。明るさは約13等です。NASA/JPL の Horizons を用いて計算しました。
地心視差を考慮し、広島県三原市の経緯度を北緯34.4度、東経133.1度として計算したところ、
******************************************************************
Date__(UT)__HR:MN:SC.fff     R.A._____(ICRF)_____DEC    APmag  
******************************************************************
2022-Dec-02 17:19:03.000     09 32 00.03 +21 26 52.2   12.984
2022-Dec-02 19:27:32.000     09 32 01.56 +21 27 00.3   12.983
******************************************************************

天文情報センターの画像
(110)Lydia
添付した画像の十字は
①20221203-021903 がマゼンタ
②20221203-042732 が黄色
でした。
バッチリ合いました。誤報の確定がされました。

手元に何も資料がないとはいえ、なんとも、なんというかお手数をお掛けいたしました。
ご丁寧な対応に感謝です。



.