Hiro*のStarlight Note

リタイヤ前にして再発したほしぞら撮影熱の出来事です。 あぁ~やっぱり星空の下が好きなのです。ただ訳もなく好きなのだと思います。

2021年12月

近日点通過:2022.01.3.303  近日点距離:0.6152AU  予報光度:4.9等(当日)とまあ予報光度はそうだけれど、予報よりは明るく感じた。レナード彗星(C/2021A1)中央の明るい星CANON EOS7D  Apo Sonnar 2/135 ZE  絞りF2.8 ISO400  露出時間 1.3s低空なのでタ ...

12月7日のアップの写真をやり直しです。”やはり2時間では足りません。”と書いていますが、それはそうだけれど画像処理の方法があんまりだぁ!てな訳でやり直しをしてみました。M52 バブル星雲 Sh2-157[光学系]:ε130D 430mm F3.3    [カメラ]:ZWO ASI 2600MC pro[ ...

この日は露出を3分で通してきましたが、やはりちょっとは長いのを撮って見たい。フィルターもノーマルのZWO IR/UVカットフィルター2”ですのでって訳で試てみました。IC1805 散開星団光度  6.5等 視直径 60.0'[光学系]:ε130D 430mm F3.3    [カメラ]:ZWO ASI 2600M ...

どうもうまく行きません。現状では精一杯。画像処理の話です。激しいノイズがです。まあどれをとってもみても上手くならない訳でして基本的に”画像処理のいろは”から勉強せねば・・・これはこれでお釈迦にしていたので・・・・まあいいか。馬頭星雲[光学系]:ε130D 430mm ...

子午線超えまで2時間15分、23時50分ごろ撮影開始。途中ではカノープスが木立の上に見えました。案外高く。それにしても素晴らしい夜空をみせてくれました。わし星雲[光学系]:ε130D 430mm F3.3    [カメラ]:ZWO ASI 2600MC pro[パラメータ]: RAW16:FITS Binning:1 ...

子午線超えをしていました。秋の星空を・・・・どれくらいの濃度で写ってくれるか。シャープネスカタログの見栄えのよいクワガタ星雲を撮ってみましたが、やはり2時間では足りません。M52 バブル星雲 Sh2-157[光学系]:ε130D 430mm F3.3    [カメラ]:ZWO ASI 2600MC ...

どうも時期外れの対象ですが薄明終了時刻に頃合いの高度にあったのです。もう何度のもチャレンジしている星雲ですがなかなか上手くはなりません。今度こそは最後にしたいと。結果は以下の通りで相変わらずです。北アメリカ星雲とペリカン星雲[光学系]:ε130D 430mm F3.3 ...

↑このページのトップヘ