Hiro*のStarlight Note

リタイヤ前にして再発したほしぞら撮影熱の出来事です。 あぁ~やっぱり星空の下が好きなのです。ただ訳もなく好きなのだと思います。

へび座はへびつかい座にさえぎられる形で頭部と尾部の二つに分かれています。とまあ、ネットでみれば書いてあるフレーズですが、気にしなければそうなのですね。その頭部にある球状星団です。撮ってみて大きいことに驚かされました。滅多に撮らない対象ですがたまにはよいも ...

まあ、撮るものがなくて悩んだあげく選んだのは”かみのけ座銀河団”でした。Stellanavigatorでみると結構暗い銀河があるようです。どれも小さくて暗いものばかりで見栄えはしませんがあんなに遠くても輝いています。モノクロで捉えてみました。”かみのけ座銀河団”[光学系] ...

おとめ座銀河団の一部を構成する銀河の線状の集団である。とウイキペディアに詳解されています。なかなかレンズを向けることのなかったマルカリアンチェーンへ、色々なカブリや何かで結構難儀でしたがこんなところです。マルカリアンチェーン[光学系]:ε130D 430mm F3.3 ...

どうにもこうにも色が乗らないとぼやいていたが。お釈迦にしていたファイルをいじって。なんとかここまで・・・・・と言うか。RGB撮影はR7枚21分・G6枚18分・B6枚と18分と決して多くはありませんが足らないこともない。どうなのだろうか。NGC2903 銀河光度  8.9等 視直径 12 ...

梅雨入り前の撮影になるかもしれない。月齢を考えると下弦の月を向かえるまで晴れそうもありません。そんな時、案の定、快晴の予報にバッチリ合わせたように用事が当たり、と言っても孫の子守りです。と言う訳で広島へ、自粛の最中ですがね。M100 (NGC4321) 銀河 光度  9.4 ...

↑このページのトップヘ